TV PROGRAM

5分でOK!蒸しタオルの目もとケアで、心も身体もリラックス

5分でOK!蒸しタオルの目もとケアで、心も身体もリラックス

UPDATE 2016.09.15(木)

美肌

  • facebook
  • メールで送る
  • line
  • Twitter

5分でOK!蒸しタオルの目もとケアで、心も身体もリラックス

蒸しタオル目元ケア 画像(C).jpg

顔のなかでも、目もとは特に年齢が出やすいパーツ。疲れたような目をしていると、老けた印象を与えてしまいますよね。

そこでおすすめしたいのが、蒸しタオルを利用した目もとケア。目の疲れをやわらげてリラックスさせることで、美容面でもうれしいメリットがあるんです。早速ご紹介します!

目もとの温めにはメリットいっぱい!

パソコンやスマートフォン、テレビ、読書、車の運転など、目の疲れを招く原因は、毎日の生活のなかにたくさん潜んでいます。疲れ目の状態が続くと、眼精疲労(がんせいひろう)を引き起こし、頭痛や肩こりなどのトラブルにつながることも。眼精疲労になると、休息をとっただけでは回復が難しくなるため、早めの対策が必要です。

目に疲れを感じるときは、目のまわりの筋肉がかたまってガチガチになっている状態。そんなときは、目もとを蒸しタオルで温めて、筋肉をやさしくほぐしましょう。こりやむくみがとれてスッキリするだけでなく、血行がよくなることで、目もとのくすみやクマ対策にも役立ちます。

蒸しタオル.jpg

副交感神経にも働きかけて、心身のリラックスをもたらしてくれる蒸しタオル。寝る前に取り入れれば、寝つきもグンとよくなりますよ。

蒸しタオルの上手な活用法とは?

用意するのは、厚手のハンドタオル2枚。お湯で温めることもできますが、電子レンジを使えばより手軽に準備ができておすすめです。

タオル.jpg

①1枚のハンドタオルを縦半分に折り、おしぼりのように丸める。

②水でぬらして軽くしぼる。

③レンジで温める(目安は500Wで1分程度)。※熱くなっているので、取り出すときのヤケドに注意。

③タオルを振って風をあて、40度くらいまで冷ます。

④目の上に蒸しタオルをのせ、さらに乾いたタオルをのせて5分ほど温める。

やや熱めのお風呂の温度が目安。蒸しタオルだけでは3分ほどで冷たくなってしまうので、もう1枚の乾いたハンドタオルを一番上にのせて、温度の低下を防ぎます。

終わってすぐはタオルの水分でうるおったように感じますが、だんだん肌が乾燥してくるので、保湿ケアをお忘れなく。そのままベタッと塗ると化粧崩れの原因となるので、美容液や乳液などを手のひらで温めてから肌をおさえるようにして保湿するといいですね。

目もとだけでなく、全身のリラックスをもたらしてくれる蒸しタオル。ぜひ試してみてください。

参考:

最新のMAGAZINE

PAGE TOP