TV PROGRAM

リラックスタイムに!目的に合わせたアロマの選び方&活用法

リラックスタイムに!目的に合わせたアロマの選び方&活用法

UPDATE 2016.12.15(木)

美肌

  • facebook
  • メールで送る
  • line
  • Twitter

アロマA.jpg

「なんだか最近、小さなことにイライラしたり落ち込んだりする」「いつも気分がスッキリしない」......そんなお悩みはありませんか? 特に、40歳を過ぎて、女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」が大きく減少する時期を迎えると、心の揺れを感じる女性が多くなります。

そんなときは、アロマのチカラを借りてリラックスした時間を過ごしてみましょう。

目的に合わせて香りを選ぼう!

 アロマB.jpg

アロマと一口にいっても、いろんな香りがあって迷ってしまうのではないでしょうか。自分が好きな香りを選ぶのもいいですが、目的に合わせて選ぶのもひとつの手。シーン別におすすめしたい香りをご紹介します。

  • すっきりリフレッシュしたいときは......「グレープフルーツ」「マンダリン」「レモングラス」「ペパーミント」
  • イライラやストレスがたまったときは......「イランイラン」「ネロリ」「サンダルウッド」
  • 元気な気持ちを取り戻したいときは......「ジャスミン」「シナモン」「ベルガモット」「ローズマリー」
  • 心地よく眠りにつきたいときは......「ラベンダー」「クラリセージ」「オレンジスイート」

楽しみ方いろいろ!アロマのおすすめ活用法3選

アロマC.jpg

アロマを楽しむ方法は実にさまざま。なかでも取り入れやすいのが次の3つです。

1. アロマキャンドル~揺らぎとともに~

夕食を済ませた後のリラックスタイム。たまには部屋の明かりを消して、キャンドルのやわらかな光を楽しんではいかがでしょうか。

ゆらゆらと揺れるキャンドルの炎は、「1/f(エフぶんのいち)揺らぎ」といって、小川のせせらぎや木漏れ日と同じく人間に心地よさを与えてくれる自然のリズムです。豊かな香りと炎の揺らぎに身を任せましょう。

2. ハーブティー~心も身体もポカポカ~

寒くなると温かい飲み物が恋しくなりますよね。身体が冷えると、心のコンディションにも影響を与えてしまいます。そんなときは、ハーブティーの香りを楽しみながら、心と身体を温めましょう。

3. アロマ加湿器~乾燥対策もバッチリ~

アロマ加湿器を使えば、心地よい香りに包まれながら乾燥対策もできて一石二鳥! 就寝前に寝室にセットしておくのもいいですね。

香りの広がりを重視したい方はディフューザーがおすすめ。しっかりと香りだけを楽しみたい場合は、ディフューザーを選びましょう。

気持ちが張り詰めてしまったときこそ、リラックスできる時間をもちたいもの。そんなひとときに、ぜひアロマを活用してみてくださいね。

参考:

TAG

関連コンテンツ

おすすめのコンテンツ

最新のMAGAZINE

PAGE TOP