TV PROGRAM

不器用でも大丈夫!上手な眉のお手入れ方法とは?

不器用でも大丈夫!上手な眉のお手入れ方法とは?

UPDATE 2016.10.13(木)

美肌

  • facebook
  • メールで送る
  • line
  • Twitter

眉A.jpg

顔の印象を大きく左右する眉(まゆ)。けれど、眉メイクが苦手な女性も少なくないようです。理想の眉をつくるには、こまめなお手入れが必要不可欠。ここでは、理想の眉メイクに欠かせないお手入れ法をご紹介します!

眉のお手入れに必要な3つのアイテム

パウダーやペンシルでどんなにキレイに色を足しても、ベースとなる眉のかたちが整っていなければ、理想の眉には仕上がりません。眉をお手入れするときにそろえておきたいのが、以下の3つ。

  • 眉専用のハサミ......切れ味がよく、眉にフィットするカーブがついたもの。
  • 毛抜き......先端がきちんと重なり、抜きやすいもの。
  • 眉専用コーム&ブラシ......ブラシにコシがあるもの。

大切に扱えば、長く使えるアイテムです。上記のポイントを参考に選んでみてくださいね。

抜く部分とカットする部分を見極める

 眉B.jpg

アイテムがそろったら、さっそくお手入れをはじめましょう。

眉から離れている場所に毛が生えていると、野暮ったい印象を与えてしまいます。眉と眉のあいだ、目と眉のあいだに生えている毛は、毛抜きで抜いておきましょう。

毛の先のほうをつかむと途中で切れたり、痛みを感じやすくなったりするので、根元の近くをつかんで抜くのがポイントです。

はみ出した部分のみカットしていく

眉C.jpg

余分な毛を抜いたら、次にハサミでカットしてかたちを整えます。まずブラシで毛の流れを整えてから、余分な毛をカットすること。あまり大胆にするとぽっかり穴があいてしまうことがあるので、鏡を見ながら少しずつ整えていきましょう。

  1. 眉ブラシで眉毛の流れを整える。
  2. 眉頭以外の毛をコームで下方向にとかす。
  3. はみ出た毛をカットする。

できるだけ元の毛を生かし、はみ出した部分だけカットするとより自然な印象に。眉頭の毛は基本的にカットせず、ブラシで流しましょう。

いろんな角度から眉の仕上がりをチェック!

自分が見るのはだいたい正面からの顔ですが、他人からはいろんな角度で見られるもの。正面からはバッチリなのに、横からみるとどこか不自然......そんなことがないように、鏡を2枚使って角度を変えてチェックしてみましょう。左右のバランスがきちんととれているか確認することも大切です。

毛が生えるスピードには個人差があります。毎日のメイク時にこまめにチェックして、1~2週間に1回くらいのペースで全体を整えるといいですね。いつでもキレイな眉をキープして、明るい表情を演出しましょう!

参考:あかぬけ顔になるなら眉からケア!正しい眉のお手入れ方法|モデルプレス

TAG

関連コンテンツ

おすすめのコンテンツ

最新のMAGAZINE

PAGE TOP