TV PROGRAM

顔の印象をアップさせる!上手なチークの選び方

顔の印象をアップさせる!上手なチークの選び方

UPDATE 2016.11.24(木)

美肌

  • facebook
  • メールで送る
  • line
  • Twitter

自然な血色感が引き出されて若々しい印象を与えるだけでなく、顔の立体感も演出してくれるチーク。大人の女性なら、チークがもつ引き締め効果にも期待したいところですよね。

ただし、使い方を間違えると厚塗り感が出たり、どこか古い印象になったりすることも。チークの効果をきちんと生かすためにも、自分に似合うチークの選び方をマスターしましょう。

自分の肌に合った色選びを!

チークB.jpg

いざチークを選ぼうと思っても、たくさんの色があってどれにすればいいか迷ってしまいませんか? 一般的な日本人の肌に合うのはコーラル系。もし手持ちがない場合は、コーラル系から試してみるのもひとつの手です。

肌のベースカラーに合わせて選ぶ

肌のベースカラーに合わせれば、失敗が少なくなります。まずは、自分のベースカラーの見極めを。ゴールドのアクセサリーが似合う人は「イエローベース」、シルバーのアクセサリーが似合う人は「ブルーベース」というように簡単に見分ける方法もあります。

  • ブルーベースの肌......ピンク系、ローズ系など青みが強いカラー
  • イエローベースの肌......オレンジ系、ブラウン系など黄みが強いカラー

年齢を重ねた肌には、明るめ&薄めで透明感を出すのがおすすめです。

実際に肌へのせてチェックしよう

可能なら、テスターを使って実際に肌へのせてみましょう。

自然な血色に見えるか、肌がくすんだように見えないか、色が浮いていないかを鏡でチェックします。ベースカラーが判断できない場合は、左頬にピンク、右頬にオレンジをのせて、違いをみるのもよい方法です。

パウダー派?クリーム派?

チークC.jpg

手軽に使えるパウダータイプのほか、最近ではクリームタイプのチークを使う人も増えています。それぞれのメリット・デメリットを理解したうえで、上手に使い分けましょう。

パウダータイプ

  • メリット......手早く仕上がり、パウダーファンデーションとの相性がいい。毛穴のカバー力がある。
  • デメリット......量を間違えると粉っぽくなってしまう。顔にのせる前に、手の甲で余分な粉を落としておくこと。
  • メリット......自然なツヤ感をプラスすることができ、乾燥をおさえられる。
  • デメリット......慣れるまで扱いにくい。パウダーファンデーションの上に重ねられない。

クリームタイプ

リップの色との相性も大切です。チークがオレンジでリップがピンクだと、統一感のない印象になってしまうのでご注意を。上手にチークを選んで、印象をアップさせましょう!

参考:

TAG

関連コンテンツ

おすすめのコンテンツ

最新のMAGAZINE

PAGE TOP